ロード、一眼、メタボ!

一眼レフ片手に良い景色を求めて自転車で東奔西走する様を気ままに載せる雑記帳のようなものです。
このブログでは運動と食事制限で脱メタボを目指す様子をお送りします。

バイクはGIANT Defy3(2011・コンポ105)とKUOTA KHARMA(2010・コンポアルテ)を、一眼レフはCanon Eos Kiss X7を使用しています、ご指導ご鞭撻のコメントなどお待ちしております。

ドウェイン・ジョンソン、ヴィン・ディーゼル、ジェイソン・ステイサム、リーアム・ニーソンになりたい。

日本縦断をしたお話②

こんばんは。
PCがもう限界で記事もまともに書けません。かなしい。


今回も引き続き日本縦断の時のお話です。第2日目。




前日の夜から喉に違和感を覚えていた私は風邪かな?と思い念のため滋養強壮飲料をがぶ飲みして早めの就寝を心がけました。
しかし翌朝。


喉が痛い。


この感覚に覚えがある。
というのも以前私が扁桃炎に悩まされていたときの感覚にそっくりだったのです。


成人後から扁桃炎を繰り返すようになりついにはちょっと飲酒をするだけで扁桃炎を引き起こすようになってしまい、昨年の夏に手術で扁桃を摘出した経験があります。それ以来扁桃炎とはおさらばだったのですが、この感覚がやけに「それ」に似ていたのです。
しかし扁桃は存在しないのだからそんなはずない、風邪だ!と考え、ひたすら風邪薬と栄養ドリンクでだましながら二日目が開始。



2日目はめがね橋でお馴染みの碓氷峠を越えて長野県の中心地(?)長野駅を目的地としておりました。
まずは宿を出て碓氷峠に向かう途中での一枚。妙義山です。
某クルマのゲームでは初心者の峠として登場しますが、見た目からして優しそうではない。


あれを超えるのかなぁなどと談笑していると次第に周囲の風景は山色を帯びていきます。
そして気が付けばあっという間に碓氷峠開始地点へ。


うすいこ


自分で見直して改めて写真が少ないなあと感じてしまうのですが、それもそのはずこのころからすでに私の体力は赤ゲージに差し掛かっていたのです。


正直つらい。しんどい。


こんな弱音を吐きながら碓氷峠に差し掛かり、めがね橋で小休止。


ここからは本格的に峠道なので各自のペースで登ることに。


碓氷峠を登りながら感じたことは




ということでした。
「絶景」ではないのですが、綺麗に舗装されたアスファルトと、道路脇の木々で作られるトンネル。
「峠を登り切りたい。」という地味ーな自分の欲求のため写真を撮れなかったのが悔やまれますが、本当に綺麗でした。「森の中をドライブ」と言ったらまさにこれだな、と思いながら地道に山道を登るのでした。


碓氷峠、制覇!


ようこそおいでませ長野県。
まあ私は長野県にゆかりのない人間ですが…同行しているシニアさんが長野生まれの長野育ちということで長野に詳しいそうです。


ここから少しだけ下ると観光客でにぎわう軽井沢駅に到着。昼食をもう少し先でとることにしてコンビニで小休止。



喉が痛い、寒い、寒い、寒い。


もうこのころから完全にノックアウト状態の私は山の上とはいえ、ウインドブレーカーを羽織りながらホットココアを飲む異常事態に。寒い。寒すぎる。埼玉十万石饅頭
ノリさんたちが日陰で休む中、私は凍えながら日向で温まるというシュールな画に。


そこから頑張って昼食を食べる予定の上田駅へ。


うえだえき。


その後、本当に弱音しかはけなくなった私が懇願してすぐに昼食が食べれそうなお店に転がり込むことに。


肉とバターライスでスタミナ補充
とてもおいしかったです。


シニアさんに風邪薬を分けてもらって(薬の力で)元気になりつつ再び出発。目指すは長野駅です。



いろんなアングルから。


さすがに日本は自転車で旅をするには広いですね。こんなにきれいな風景に出会えるとは思ってもみませんでした。


そのほかの部分は主に私の体調のせいで無念ながらスルー気味に長野駅へ…。


ながのえき。


到着です。
シニアさんの実家が長野駅近辺であり、泊めていただくことになっていたのでお邪魔させていただきました。



もうこのときは完全に悪寒戦慄と発熱にやられていたためあまり詳しく覚えていません(笑)
ほかに写真が残っていなかったことからもおそらく本当に周りに気が向いていなかったんだと思います。


かなり大雑把な内容ですが2日目もこれにて終了です。
次回、ついに最終日は日本海に至ります。この三日間で最もいろんな風景に出会えた日でもありますので、未熟ながら撮った写真もたくさん載せられたらなと思います。


おしまい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。